院長からの挨拶はこちらをご覧下さい。

松原市大堀 デイサービスセンターcocoro大堀 オープン!(2011/04/1)

「寝たきりにならない、しない」
「元気な高齢者がもっと元気に」
 健康寿命とは「一生のうち、健康で支障なく日常の生活を送れる期間」のことです。大阪府では2010年の厚生労働省の調査では、男性68.39歳、女性72.55歳。生存期間を示す平均寿命男性79.55歳、女性86.30歳と比べると約10年の差がありますが、この期間は寝たきりや認知症といった日常生活に差しさわりのある期間になります。cocoro大堀では元気で長生きできる健康寿命を延ばすことを目標に利用者様の心身に合わせた各種のプログラムをご利用いただけます。

今の力を活かして、生活をもっと楽しんでみませんか?(2007/06/1)

 当医院では、生活リハビリテーション→理学療法(個別リハビリテーション)→筋トレマシンという3本柱で在宅生活に活力が生まれる通所リハビリテーションを提供しております。昨年6月から開始しております筋肉アップトレーニングですが、トラブルもまったくなく順調に、利用者様の筋力アップに成果をあげさせていただいております。少人数制で、できるだけゆっくりとリハビリテーションを受けていただけるよう、既存のデイルーム1に加えデイルーム2の増床を行いそれぞれ静と動、メリハリのつけたリハビリテーションを提供し、利用者様からの評価を頂戴しております。
3ヶ月毎に、握力・10m最大歩行時間・片足立ち時間・Timed up & go 等体力測定を実施し、楽しみながら、安全第一に筋力アップトレーニング・リハビリテーションを提供できるよう推進してまいります。
当事業所は、プライバシーポリシー、個人情報保護規定を定め、厳重に個人情報を保護しております。
安心して、ご質問など、お気軽に通所リハビリテーション受付電話番号まで、お問い合わせください。

筋力トレーニング (ルーの三原則)
1) 筋肉は使わなければやせて細くする。
2) 筋肉は適切に使えば発達する。
3) 筋肉は過度に使うと傷害を起こす。


通所リハビリテーション施設

平成18年6月1日からパワーリハビリテーションの受付を開始しました。(2006/06/01)

 筋力トレーニング機器を新しく設置し、医師の指示のもと、理学療法士、看護師等、機能訓練指導員が安全で適切な筋力トレーニングを実施しております。少人数制でゆったりと、筋力アップトレーニングが行えます。
 
筋肉トレーニング
【筋肉トレーニングのメリット】
・体重を支える必要がないため筋力の弱い人でもトレーニングすることが可能です。
・座って行うので転倒による事故の危険が少ない。
・正しいフォームの習得が比較的やさしい。
・個人の筋力を正しく評価できるため、至適負荷によるトレーニングによって高い効果が望める。
・個人に適応した個別プログラムと、全員で行えるグループプログラムとを時間内に実施できる。
 
個別プログラムであると同時にグループプログラムでもあることから身体的な向上のみならず「仲間作り」や「生きがいづくり」にも効果を発揮することができます。

平成18年4月1日から介護予防サービス、地域密着型サービスが始まります。(2006/02/06)

 介護保険法の基本理念である「自立支援」をより徹底する観点から、新要支援者には予防給付サービスを、要介護者(既に要支援者と認定されており、有効期間が満了する前の要支援者については経過的要介護者とされます)には介護給付サービスを提供することになります。

 当医院通所リハビリテーションでは、予防給付サービスとして、筋力トレーニング(パワーリハビリテーション)による身体機能の向上訓練を開始いたします。
 軽い負荷の運動で、眠っている筋肉、神経の活動を引き出します。医師の指示のもと、専任の看護師や機能訓練指導員、理学療法士等が安全に楽しく訓練が行えるようサポートさせていただきます。

Copyright 2005 (c) Matsuda-Clinic All Rights reserved.